訪問マッサージと足爪ケアを融合させた次世代訪問ケア

成長市場で差別化

Marketability

業界の市場性を考察し、差別化を実現できる次世代のシニアビジネスをご紹介します。

寝たきり・痴呆症・虚弱高齢者の将来推計

国立社会保障・人口問題研究所の報告データ
国立社会保障・人口問題研究所によれば、平成27年(2015年)には約800万人が高齢者(65歳以上)となり、その中でも虚弱・痴呆など人の手が必要な高齢者は日に日に増えています。介護や福祉分野の需要はますます増え医療費などの社会保障費が急膨張するなか、医療・介護のサービス体制の抜本的な見直しが必要とされています。

【ポイント1】介護・福祉サービスが必要な高齢者はますます増加

マッサージ業界の需要の推移

厚生労働省保険局医療課年次統計より

※厚生労働省保険局医療課年次統計より抜粋。※この統計はあくまで推計です。理由は、「(1)政府健保(2)老人医療等は比較的正確に把握できるが、それ以外は正確な数字について独自の算定方式をもって割り出した為」という事です。

マッサージ業界は平成10年~21年間で5倍以上の推移をみせている。

高齢化社会により、国家予算のなかで縮小される介護保険・・・そのような背景から、医療保険適用のマッサージのニーズが高まっています。高齢者の方も住み慣れた環境での療養を望む方も多く、病院から民間へ移行する流れが強まっている現代では、市場規模がますます拡大していくものと予測されます。

【ポイント2】医療保険適用のマッサージのニーズがますます増加

在宅医療の必要性

厚生労働省によると在宅医療を必要とする者は2025年には29万人と推計され、約12万人増えることが見込まれています。

このような状況下でマッサージ業界は圧倒的に伸びている市場です。しかし、参入企業が多くなっているのも事実。今後は業界内において差別化が必須であり、その内容次第でお客様が定着し、ストック型のビジネスになっていきます。

訪問医療マッサージと業界随一の足爪ケアの融合

訪問マッサージと足爪ケアの融合

成長市場で差別化を実現

私たちはこれまで訪問マッサージ事業の展開においてノウハウを蓄積し、多くのお客様の信頼を得てきました。そしてその事業で気が付いたのが「高齢者の多くが足のトラブルを抱えている」ということです。そこで、ヨーロッパでは一般的となっているフットケアビジネスの展開を始めました。すると、マスコミに取り上げられるほど注目を集め、話題となりました。

そこで、「この信頼を得てきた事業」+「全く新しい事業」をコラボさせることで、より注目度の高いビジネスになると思い、全国展開をすることにしました。訪問マッサージは確実に成長する市場ですが、競争も激しいのが現状。これからは圧倒的な差別化が必要な時代です!

では、当社にはどのような強みがある?→(当社の強み)へ

その差別化したビジネスモデルと収益構造は?→(事業の収益構造)へ

お電話でのお問合せ先 TEL 044-201-2918 受付時間 9時 - 18時 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 在宅医療マッサージ株式会社 All Rights Reserved.